2017年10月08日

40話 鎧の設定

 40話、回想シーンの鎧設定ラフです。
setg.jpg

 実際描き始めると、細部がちょっと違っています。親父の鎧は溝付き(フリューテッドメイル)の予定でしたが、なんかめんどくさく…(以下略)
 設定を確かめるために、カラー絵も描いてしまいました。(現トップ)
 赤色は、ガラディウム家のお家カラーです。
*****

 大したデザインではないのですが、リジェルドの鎧デザインはかなり悩みました。
 ネームの段階では、親父と同じベタな全身プレートメイルのつもりだったのですが、いざ動きを考え出すと、こいつは軽装だ、ということを思い出したのです。

 彼は、ゲーム的に言うと「剣士」とか「ソードマスター」とかそういう戦い方になります。
 つまり、防具は軽装で、敵の攻撃は受けるより避ける。そして攻撃は最大の防御!
 剣の腕が大変優れているために、身体の感覚や動きを妨げるような重いものはなるべく身に着けたくないのです。

 それは戦場においても同じで、重たい全身鎧などは絶対に嫌でしたが、さすがに周りが心配したので、妥協点としてチェインメイルになりました。

 動きを妨げるといえばマントもそうですが、厚手のマントは弓矢などを防ぐ役割もありますので、一応実用的に身に着けています。邪魔な時はすぐに脱ぎ捨てます。(…という設定なのは、私がマント好きなだけですが(笑))

*****

 こういうことを色々考えていたら、なかなかしっくりくる鎧の程度や構造が見つからず、悩んでしまいました。
 蛇足ですが、戦場での戦い方については、『聖剣』という高威力の武器を持っているため、軽装の竜騎兵に近い戦法になると思います。(若干、次回更新のネタバレ?になります)
posted by のゆ at 21:52| Comment(2) | 設定資料など

2017年05月06日

元祖勇者たちについて(古代文明編裏設定)

 誰得!本編には関係ない設定シリーズ☆
 33話で描きたかったことのひとつが、元祖伝説の勇者たちが、実はどういう経緯で誕生したか、ということでした。
 本編をかいつまむと、元祖勇者たちとは、

 滅びかけた世界で、元凶である「魔王」を倒すために、「精霊の石」という物体を飲んで、運良くその力を身体に宿すことができた人間 です。
 のちに彼らは無事魔王を倒し、「勇者とその仲間たち」として伝説に残りますが、真の彼らの人生については、これ以上は本編では触れません。
 なので、本編には関係ないながら、設定だけおまけとして置いておきます。 ネタバレているので続きに続きを読む
posted by のゆ at 19:27| 設定資料など

2016年11月15日

地図と街紹介

20160302_1932744.jpg

クリックしたら大きくなります。
posted by のゆ at 17:21| 設定資料など